Biz/Zineニュース

アクセンチュア、企業がデジタル技術で最大の価値を生み出す枠組みと指標を発表

 アクセンチュアは、大企業の上級役職者を対象に行った最新調査から明らかになった、企業がデジタル技術の恩恵を最大限に得るために取り組むべき主な外部要因を発表した。また、企業が成長施策を行うための新たな指標もあわせて発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発 テクノロジー

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アクセンチュアは昨年、大企業の上級役職者を対象に、デジタル技術の活用状況と活用によって得られる結果を測定するための調査「技術の組み合わせが鍵(Combine and Conquer)」を実施した。アクセンチュアはこの調査で、投資効果を最大化させるために最適なデジタル技術の組み合わせを特定したという。

 アクセンチュアは、新興技術を最適に組み合わせることで、企業は時価総額を平均28%高めることが期待できるとしている。

 今回の調査「デジタル化の恩恵を得るには:技術投資を効果的に行う方法」は、企業がこのような時価総額を実現できる「インダストリーX.0」企業への変革を支援する目的で実施された。インダストリーX.0企業とは、デジタルによる価値創造を加速させるためにアクセンチュアが提唱する考え方で、技術の変化をうまく取り入れながら利益を生み出す体質を持つ企業を指す。

 この調査では、多様な業界にわたって広く適用可能な人工知能(AI)、拡張現実(AR)・仮想現実(VR)、ビッグデータ分析、ブロックチェーン、ロボティクスの5つの技術に加え、モバイル・コンピューティングや3Dプリンティング、デジタルツインといったさまざまなデジタル技術に焦点を当てている。

 また、企業が技術導入の価値を最大化する上で鍵となる5分野を「バリュートリガー(価値創造の誘因)」として挙げた。

  • 潜在的価値
  • 人材の準備
  • 資本の充実度
  • エコシステムの成熟度
  • 技術の浸透度合い

 アクセンチュアは、技術の発展度合いを各バリュートリガーの関連要素ごとに5段階で評価する指標「Accenture Digital Dividends Diagnostic」を開発したと発表した。バリュートリガーはこの指標の核をなすもので、スコアが低いほど、その関連要素における技術の発展が遅れていることを示すという。

 アクセンチュアでインダストリーX.0事業を統括するマネジング・ディレクターのエイダン・クイリガン(Aidan Quilligan)は「技術の価値を最大限生み出すために上級役職者に求められることは、その技術をめぐる状況を的確に把握することです。デジタル化に向けた企業内部の態勢を評価する枠組みには優れたものが多数存在していますが、その一方、自社のデジタル変革に影響を及ぼす可能性のある外部要因を評価する枠組みに関しては、各企業が独自に実施するしか方法がありませんでした。アクセンチュアのDigital Dividends Diagnosticは外部要因の評価を可能にし、デジタル技術から最大限の価値を生み出すための枠組みをお客様に提供します」と述べた。