Biz/Zineニュース

クアルトリクス、従業員が安全に職場に戻るための「Return to Work Pulse」を発表

 クアルトリクスは、組織が従業員を安全に職場に戻すために必要なアクションを取るための新しいソリューション「Return to Work Pulse」を日本語で提供することを発表した。本ソリューションは、5月1日に米国本社が発表したもので、日本語版は近日中に提供を開始し、利用開始日から30日間無償で提供するとしている。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 企業戦略 COVID-19 ニューノーマル Withコロナ

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クアルトリクスがインテージと行った共同調査では、在宅勤務を増やしたいという人の多くが「通勤」を理由に挙げており、通勤に問題点を感じていることがわかった。また、逆に在宅勤務を減らしたいという人は在宅勤務の環境次第では業務効率が悪いと感じたり、同僚やお客様とのコミュニケーションの難しさをデメリットとして感じたりする面があることが推察される。

 「Return to Work Pulse」は、従業員個々人の状況やニーズを把握することで、企業がどのような行動を取るべきかを知ることができるソリューション。日本語版のリリースは近日中に行われる予定だという。

 クアルトリクスのカントリーマネージャー熊代悟氏は、次のように述べている。

「COVID-19の感染が拡大し、人々の働き方は大きく変わり、従業員の要求も日々変化しています。企業は、従業員の求めるものがどのように変化したかを理解して、これらに対処し、自信を持って仕事に戻ることができるようにする必要があります。従業員は通勤に対してどのような考えを持っているでしょうか?窓口でお客様対応している社員はどうすれば、安心して働けるでしょうか?Return to Work Pulseをご利用いただくと、従業員が仕事に戻っても安全だ、と感じるためには企業は何をする必要があるかを知ることができます。ぜひ一度従業員の声を聞いてからルール作りを進めてほしいと思います」

 クアルトリクスの共同創設者兼CEOのRyan Smith(ライアン・スミス)氏は、次のように述べている。

「COVID-19との闘いを続ける中、私が話をする政府企業の経営者は、誰もが2つのことを理解しようとしています。どのように人々に安全と健康を担保するか、オフィスやビジネスを再開するための指標としてどのような情報を参考にすべきか、です。そして、全員が同じ運用データ(感染率、入院率、人口1人あたりの検査件数)を頼りに意思決定を行っていますが、誰も人々がどのように感じているかというエクスペリエンス・データを持っていないことに疑問を持ちました。ただオフィスを再開するだけでは不十分で、オフィスの再開にむけて、従業員が安全で健康だと思える状態を作らなければなりません」

Return to Work Pulseで可能な3つのこと

  1. 各々の従業員のニーズを理解する:在宅勤務をしていた、一時帰休などで現場を離れていた、健康上の懸念のため自宅療養を行っていたなど、個々の状況を把握し、安全でポジティブな職務復帰のためのニーズを理解する
  2. 新しい方針を評価する:オフィスを開く際に、必要がある新しい方針(健康と安全のためのルールなど)を評価する
  3. コミュニケーションニーズの理解:会社の方向性、職務および役割に変更がある場合、コミュニケーションが必要か否かを判断する