Biz/Zineニュース

ガイアックス、ブロックチェーン活用のLiDARネットワーク基盤を京大らと開発 4月より社会実験を開始

 ガイアックスは、芝浦工業大学の新熊亮一教授(2020年度まで京都大学)らと、ブロックチェーンを活用したLiDARネットワーク基盤のシステムソフトウェアを開発し、2021年4月1日より京大図書館等での社会実験を開始したことを発表した。この基盤は、複数の場所に設置されたイメージセンサのデータを統合することで「死角ゼロ」を実現し、自動運転車や宅配ロボット、警備ドローンなどのさらなる性能向上や、イメージデータの新たな利用用途の創造を目的としている。この社会実験では、実地のデータを取得・共有し、AIの学習を進め、2023年3月までの産業化を目指し、基盤技術の改善を行っていく。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ブロックチェーン ガイアックス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回開発をおこなっている基盤技術は、国立研究開発法人科学技術振興機構(以下、JST)の戦略的創造研究推進事業「さきがけ」による研究成果として生み出された。また、社会実験は情報通信研究機構(以下、NICT)の委託研究「データ連携・利活用による地域課題解決のための実証型研究開発(第3回)」の一環として実施する。

 この基盤は、複数のイメージセンサ(LiDARやカメラ)から取得したデータを統合した広範囲に渡るデータを、ブロックチェーンによってリアルタイムに保護した状態で共有できるようにし、AIによる予測検知や、自律制御のためのデータ共有などへ応用可能にしたもの。屋外では自動車や、ロボット、ドローンの自律移動における制御への応用、屋内では犯罪・事故・三密の予測検知への応用が期待されるという。

 開発は、主として京大、エクサウィザーズ、ガイアックスが行っており、2020年3月まで研究室レベルの開発を進めていた。このうちガイアックスは、ブロックチェーン技術および、クラウド技術を使ったデータ共有基盤を担当しているという。

 この基盤で扱う、AIへの学習データや、事故予測といった、改ざんが発生すると事故につながる領域において、ブロックチェーンを使いリアルタイムにデータの正しさを担保することによって、改ざん耐性を持たせている。また、一般的にブロックチェーンはリアルタイムな処理について苦手としているが、独自のアグリゲーション技術を開発し、最小限の遅延で改ざん耐性をもたせることの実現を目指している。

 今後の社会実験では、エリアを増やしながら、データの利活用の検討から産業化へ向けて、産学共同での研究・開発を進めていくとしている。