SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

PwC Japan、「ESG Tax」チームを新設 企業のサステナビリティ関連税務対応を支援へ

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 PwC Japanグループは、炭素税などカーボンプライシングや税務情報のディスクロージャーなど、企業のサステナビリティに関連する税務対応を支援する専門組織「ESG Taxチーム」を設立した。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 同組織では、炭素税・排出権取引などのカーボンプライシングに関する法制度調査から、既存ビジネスへのインパクト分析、対応施策の立案・実行まで、企業のカーボンプライシングの取り組みを総合的に支援するという。

 また、税務情報のディスクロージャーについても、世界的動向の把握、ガバナンス方針・運用プロセスの構築、社内の税務関連情報の収集・分析、開示資料の作成、ステークホルダーとのコミュニケーション手法・開示範囲の検討など、企業の税の透明性確保に向けた取り組みを包括的にサポートするとしている。具体的な支援内容は以下の通り。

カーボンプライシングの対応支援

  • 関連する国・地域における炭素税・排出権取引に関する法制度・改正動向の調査
  • 炭素税や排出権取引の法制化を見据えた課税リスク、減免・還付など既存ビジネスへの影響分析、新規ビジネス機会の可能性・インターナルカーボンプライシング(ICP)導入などの検討
  • 新規投資、事業撤退、M&Aなどにあたっての影響リスク分析
  • ネットゼロに向け、炭素税を考慮した中期経営計画の適正化やビジネスモデルの変革、事業ポートフォリオの検討
  • 欧州の国境炭素調整措置(CBAM)に関する影響分析・対応策の検討

税務情報のディスクロージャーの対応支援

  • 世界的な開示基準・フレームワークに関する制度調査、開示状況・ベストプラクティスの調査
  • 適切な税務行動の基軸となる税務ポリシーの策定、実効性のある税務ガバナンス体制と運用プロセス構築の支援
  • 各拠点からの税務関連情報収集のためのプラットフォーム構築、税務情報の分析、レポーティングの支援
  • 税務情報の公表に関するメリット・デメリットの分析、情報開示の範囲と開示方法の検討、各開示フレームワークへの適合性の検証、格付け向上に向けたアドバイス
  • 開示書類(統合報告書、ESGレポート、Tax Transparency Reportなど)の作成支援
  • ステークホルダーとのコミュニケーションに係る方法・戦略に関するアドバイス

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング