SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

JAL、南紀白浜空港で実施するAIを活用した保安検査の実証実験に参画

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 日本航空(以下、JAL)は、南紀白浜エアポートと日立製作所が2021年8月から実施している「保安検査を支援する人工知能(AI)技術の実用化に向けた実証実験」に3月1日より参画する。

 JALの参画により、これまでの技術検証に加え、危険物に関する最新情報や他空港での知見をいち早く共有し、AIに学習させることが可能となるため、AIの精度向上が期待されるという。

 この実証実験により、空港の保安検査業務の高度化および検査時間の短縮化を図り、より安全・安心でストレスフリーな空の旅を実現していくとしている。

実証に用いるX線検査判定支援システムおよび仕組み

  • 既存X線装置の操作をそのままに、AIが視覚的なサポートを実施し、検査員の負荷を軽減
  • AIがX線の画像を分析して、検知した物品名を表示し、注意を促す。物品が重なっていても見分けることが可能

検証内容

 これまでの実証実験でAIに学習させた危険物の情報に加えて、JALが提供する保安検査(手荷物検査)に関するノウハウを踏まえたソフトウェアのチューニングおよびAIの追加学習を実施。これを活用し、X線検査装置にて取得した乗客の手荷物画像データに対する自動検知状況(検知率、誤検知率)、および、保安検査員の評価を確認する。

 これにより、乗客や乗務員のより一層の安全を確保すると同時に、「目視」で危険物を検知する検査方法の効率化を図り、保安検査に関わるストレスを軽減しながら保安検査の品質向上を推進していくという。

 また、今後は、他空港にも実証場所を拡充することで、AIが学習する持込禁止物の仕様・形状の幅を広げるなど、より汎用性の高い技術の確立を目指すとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング