SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

太平洋セメントと東京ガス、メタネーション事業の実現可能性を共同で調査

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 太平洋セメントと東京ガスは、脱炭素社会の実現に向けた検討を共同で実施することに合意。協業の第一歩として、将来的なセメント製造工程から回収される高濃度CO2を原料として合成される、メタンの都市ガスインフラによる供給を目指したメタネーション事業の実現可能性調査を開始する。

 太平洋セメントは、2022年1月にNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)のグリーンイノベーション基金事業において「CO2回収型セメント製造プロセスの開発」に採択され、CO2回収型セメント製造プロセス、およびメタネーションシステムの開発に着手してきたという。

 東京ガスは、グループ経営ビジョン「Compass2030」の中で「価値共創のエコシステム構築」と「CO2ネット・ゼロへの挑戦」を掲げる中で、他のセクターから排出されるCO2を利用した、メタネーションによる合成メタンを有効活用する、カーボンリサイクルの本格的社会実装に向けての協業先を探してきたとしている。

 同検討を契機として、両社はセメントセクターとガスセクターのカップリングにより、脱炭素社会の実現に向け連携して取り組んでいくと述べている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング