SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

エクサウィザーズ、AIとオンライン技術の活用によるがん患者のリハビリ支援に向けた実証を開始

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 エクサウィザーズは、大阪大学大学院医学系研究科消化器外科と共同で、消化器がん患者の周術期におけるAIを活用したリハビリ支援プログラムの提供により、術後のアウトカム向上の有用性を検証する実証を開始した。

取り組み内容 周術期のリハビリをオンライン技術とAIで支援

 これまでに周術期のリハビリテーションが提供されていない消化器がんの患者に、リハビリテーションのオンライン支援技術を用いた、がん患者リハビリ支援プログラム(以下、オンラインがんリハ)を提供する実証を開始。リハビリテーションの効果測定は一般的な検査のほか、エクサホームケアの歩行解析AI「CareWiz トルト」を用いた身体機能の評価によって実施するとしている。

 同サービスの特徴は、受診や入院をしなくても、オンライン上でAI解析を活用して必要な量のリハビリテーションを受けられることだと、同社は述べている。今後は、AIを用いた要因分析や、結果を活用した支援アプリの開発も予定しているという。

「オンラインがんリハ」の活用イメージ
「オンラインがんリハ」の活用イメージ
[画像クリックで拡大表示]
本実証の狙いとアプローチ 歩行解析AIでリハビリ前後の身体機能を評価

 実証のアプローチとしては、消化器がんの術前化学療法後に手術を企図している症例に対し、消化器がん患者における術前の運動介入について、大阪大学大学院医学系研究科消化器外科とともにオンラインがんリハの有用性を検討。また同実証は、試験の適格基準を満たし、術前リハビリテーションの実施を意思決定したがん患者を対象として行うとしている。

 なお、すべての被験者は化学療法前、術前・術後に、それぞれ身体計測、身体機能検査、CT画像検査、血液検査を実施。身体機能検査では歩行解析AIを活用し、リハビリテーションの前後に身体機能を評価するという。

展望 治療用アプリ開発も視野、製薬・保険との連携も

 同検証の実施後には、効果を示した症例のリハビリテーションの実施方法について、AIを用いた要因分析を検討。また、検証によりオンラインがんリハの有用性が立証された後は、成果を反映した患者向けのデジタル治療を担う、治療用アプリの開発も視野に入れているという。

 同社は今後、検証を通じて取得したデータや知見を踏まえ、消化器がん以外のがん領域や、術後も対象にした拡大・展開を検討中だと述べている。

本検証で活用するエクサウィザーズの技術・プロダクト
  • リハビリテーションのオンライン支援技術:脳疾患や整形疾患の患者向けに、オンラインでリハビリテーションを支援する技術。リハビリテーションにおいて不足しやすい質・量を補完することで、患者の予後向上への貢献を企図して開発されている
  • CareWiz トルト:理学療法士の視点や、論文に基づく転倒リスクに関する4つの指標で歩行を解析できる。AIを利活用した介護・福祉用具関連サービスの開発、販売事業を展開するエクサホームケアがサービスを提供している

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング