SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

地政学戦略の実装

地政学リスクを予測し商機に変える──西尾素己氏が語る、日本企業が取り組むべき「地政学戦略」の実装とは

【前編】日本企業が見直すべき地政学との向き合い方・精神的土壌

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 パンデミック、紛争、気候変動に人権問題……。昨今の国際情勢は、戦後かつてないほどの危機と混沌の時代を迎えている。こうした動向を受け、日本企業の経営に「地政学戦略」の実装を強く勧めているのが、EYストラテジー・アンド・コンサルティングでパートナーを務める西尾 素己氏だ。同氏は、10代の頃からホワイトハッカーとして活躍し、2016年より会計系コンサルティングファームや多摩大学ルール形成戦略研究所にて、日本政府に対するサイバーセキュリティ関連の政策提言を実施してきた。今では、数々の企業に対し、経済安全保障の観点から経営の支援を行っている。
 そもそも、ビジネスにおける「地政学戦略」とは何か。そして、日本企業が見直すべき地政学リスクとの向き合い方や、VUCA時代のグローバル競争を生き抜くための考え方とは? 西尾氏に話を伺った。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

地政学的視点を企業活動に実装する

──パンデミックや紛争など、国際情勢を揺るがすような出来事が立て続けに起こる“不確実性の時代”。西尾さんは、企業が今後もビジネスを続けていくためには、経営・事業に「地政学戦略」を実装すべきだとおっしゃっていますよね。そもそも、ビジネスにおける地政学戦略とはどういうものなのでしょうか。

西尾 素己氏(以下、敬称略):国際政治経済や政策分析など、いわゆる地政学的視点をビジネスの場に持ち込み、経営・事業戦略に活用していくことです。

 これまで地政学の領域は、研究機関やシンクタンク、安全保障の専門家などの間で、あくまで政治的・軍事的な話として議論されることが多かったですが、これからは企業活動の場にも、こうした視点を取り入れていかなければなりません。

 その上で、ビジネスにおける地政学戦略は、大きく2つの側面を考える必要があります。「守りの地政学戦略」と「攻めの地政学戦略」です。

リスクを予兆把握し損失を防ぐ「守りの地政学戦略」

──守りと攻めの地政学戦略……それぞれ、どういった概念になっているのでしょうか。

西尾:まず、自社に起こり得る地政学リスクを予測・分析し、経営や事業を保護するのが、守りの地政学戦略です。

 たとえば昨今の国際情勢を見てみると、紛争の勃発や災害の発生により、企業は特定の地域での生産活動を行えなくなったり、大きな損失を被ったりする可能性があります。また、工場などの生産拠点をグローバルに展開したり、発展途上国で生産された素材を製品に使用したりする場合、そこで働く人々の労働環境や人権がしっかりと守られていなければ、関わる企業が問題の加担者になってしまうかもしれません。

──環境や人権の問題は、投資家や消費者など企業を評価する立場のステークホルダーたちも、特に目を光らせていますよね。

西尾:そうですね。一度でも問題を見過ごしていたと判断されてしまえば、企業の信頼は大きく揺らぎます。今の時代、こうした問題への姿勢は特に重視されていますから、「気付かなかった」では済まされないでしょう。

 ほかにも、ビジネスを脅かす地政学リスクはたくさんあります。技術やノウハウを盗もうとする他国の産業スパイなども、企業が最大限注意を払うべきリスクです。日本には素晴らしい技術を持つ企業がたくさん存在するにもかかわらず、欧米企業に比べてこうしたリスクへの危機感が非常に弱いように感じます。

 自社に起こり得る地政学リスクを高度に予測・分析し、常に先手を打って対策に出ることで、ビジネスへのダメージを最小限に抑えるほか、ステークホルダーからの信頼も得ることができる。これが、「守りの地政学戦略」です。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
自社に商機と優位性をもたらす「攻めの地政学戦略」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
地政学戦略の実装連載記事一覧
この記事の著者

名須川 楓太(Biz/Zine編集部)(ナスカワ フウタ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング