SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

ドーモ、ウェザーニューズの気象データと連携可能なコネクターを開発 顧客データ分析や売上予測に活用可能

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 ドーモは、ウェザーニューズが提供する気象データと連携を可能にするコネクターを開発し、6月23日より提供を開始した。

 同サービスでは、ウェザーニューズが気象データ提供・分析サービス「WxTech(ウェザーテック)」で提供している、1kmメッシュ(1km四方)の高解像度気象データを活用。気象データと企業が保有するデータをDomo上で掛け合わせることで、顧客のデータに新たな価値をもたらすとしている。

コネクターの機能

 同コネクターにより、Domoを導入している企業は天気、気温、降水量、気圧、風速、相対湿度など、指定した場所における1kmメッシュのピンポイントな気象情報を取得可能。短期予報は72時間先までの1時間おきの天気予報、中期予報は10日先までの1日ごとの天気予報が含まれ、過去の気象データについても1kmメッシュのピンポイントな情報を取得できるという。

 あらかじめ指定した緯度・経度の気象情報を取得できるため、全国に店舗を展開している企業では、店舗ごとに詳細な気象データとビジネスデータと組み合わせて、新たな分析が行える。

 たとえば、過去の店舗周辺の気象データと各店舗の売上実績データを紐づけると、今年の売上予測を立てることが可能になる。特に、生鮮食品を取り扱っている店舗で、日々の仕入れ情報や来店者の予測に同コネクターを活用し、最適な仕入れ数を導くことで、食品ロス削減の効果も期待できるとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング