SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

DeNA子会社のアルムと帝人、AIとRFID技術を用いた医療サプライチェーン構築に向け実証開始

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 ディー・エヌ・エーの子会社であるアルムは、帝人と共同で、脳血管内治療計画プログラムと電子タグシステム(RFID:Radio Frequency Identification)を活用した次世代医療サプライチェーンの実証試験を開始した。

 同実証試験は、脳血管内治療に携わる医療現場における治療の質向上と、医療資源のロス削減を実現するための取り組み。アルムは、AIを用いたICT技術により、治療計画と治療デバイスを提案するプログラムを構築し、帝人はRFID技術を用いて治療デバイスの過剰や欠品を防止する在庫管理体制を整備し、このシステムの実効性を確認する。まずは、脳動脈瘤治療の治療計画およびデバイス選定プロセスをAIで最適化・平準化し、治療の質の底上げを図るという。

 また、プログラムで提案された治療計画をもとに、治療で用いる可能性のあるデバイスの情報を事前に関係者へ共有することで、最適なデバイスを、最適量で流通させる次世代医療サプライチェーンを構築することを目指すとしている。

次世代医療サプライチェーンのイメージ<br/>[画像クリックで拡大表示]
次世代医療サプライチェーンのイメージ
[画像クリックで拡大表示]

 同サプライチェーンでは、帝人が展開する電子タグ(RFID)システム「Recoシリーズ」を活用。実証試験では、RFIDタグが密集する狭いスペースにおけるピッキング作業での正確なタグの読み取りが可能となる技術や、使用済みのデバイスに貼付されたRFIDタグを読み取って即時に在庫情報へ反映させる「RecoFinder」を用いる。

 なお、両社は、2024年12月までに実証試験を完了し、2025年頃までに社会実装することを目指すという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング