SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

『ベンチャー白書2015』

「ベンチャー投資」動向をデータで理解する―『ベンチャー白書2015』のエッセンス

第1回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 私の所属する一般財団法人ベンチャーエンタープライズセンター(VEC)は、ベンチャーキャピタル(以下、VC)の投資動向やベンチャー業界の動きをとりまとめた『ベンチャー白書2015』を2015年12月に刊行しました。
 この連載では、VCをはじめとする、ベンチャーを支えるさまざまな仕組みについて、『ベンチャー白書2015』の掲載内容の中から解説していきたいと思います。第1回目は、2014年度のベンチャー投資の動向についてご紹介します。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 VCというと、ベンチャー企業に投資し、上場したらリターンを得る「金融業者」をイメージするかもしれません。しかし、VCの役割は単にお金を出すだけではありません。投資先のベンチャー企業に対して、経営のアドバイスをしたり、販路を紹介したり、場合によっては人材を送り込むこともあります。お金以外にもさまざまな面でベンチャー企業を支援しているのがVCなのです。主に資金提供以外の支援に軸足を置いた「シードアクセラレーター」と呼ばれるVCも存在します。大企業がベンチャー企業を支援するコーポレートベンチャーキャピタル(以下、CVC)という試みも活発化しています。また、経済産業省を初めとする省庁や自治体も、ベンチャー企業の支援に力を入れ始めています。

2014年度のベンチャー投資金額は1,171億円(減少傾向2013年度比較)

 VECでは毎年、日本に籍を置くVC等に対してアンケート調査を実施し、ベンチャー企業への投資金額を集計・発表しています(図1)。2014年度はVCやベンチャー投資を実施している事業会社等、合計で106社から回答をいただきました。

日本のVC等年間投資⾦額の推移図1. 日本のVC等年間投資⾦額の推移
(注1)各年度の対象期間は以下の通り
・1999年度:1999年7月~2000年6月
・2000~2002年度:各年10月~翌年9月
・2003年度以降:各年4月~翌年3月
(注2)2010年度までは国内外合算の金額のみ表示
(注3)投資先件数は、のべ件数を表示

 2014年度(2014年4月~2015年3月)の日本のVC等によるベンチャー企業への投資金額は1,171億円でした。2013年度に比べると、投資金額は35.6%減少しています。ただし、この金額を「国内のベンチャー企業向けの投資」と「海外のベンチャー企業向けの投資」に分解してみると、国内向けは740億円で、2013年度の718億円と比較して3.1%増えています。つまり、海外向けの投資金額が大幅に低下したため、全体の金額も大きく減少していることになります。日本では、海外向けの投資を積極的に行っているVCが一部の大手VCに限られるため、特定の数社による増減が統計値の増減に大きく影響しています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
2014年度の国内向けベンチャー投資先件数は727件と「微減」(2013年度比較)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
『ベンチャー白書2015』連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

一般財団法人ベンチャーエンタープライズセンター(イッパンザイダンホウジンベンチャーエンタープライズセンター)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング