SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

『ベンチャー白書2015』

ベンチャー白書のアンケートデータが示す、「求めている人材像、海外展開の行き先」

『ベンチャー白書2015』のエッセンス:最終回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 この連載では、ベンチャー企業を支えるさまざまな仕組みについて、ベンチャーキャピタル(以下、VC)等の投資動向やベンチャー業界の動きをとりまとめた『ベンチャー白書2015』の掲載内容の中から解説していきます。
 最終回である本コラムでは、ベンチャー企業向けに実施したアンケート調査の結果をご紹介します。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

日本のベンチャーの海外展開とその行き先

 一般財団法人ベンチャーエンタープライズセンター(VEC)は毎年、ベンチャー企業に対して、経営環境等に関するアンケート調査を実施しています。2015年の調査では、277社のベンチャー企業から回答をいただきました。ベンチャー白書では、回答企業のうち設立5年以内の企業269社からの回答を対象に集計しています。(図1)

 回答企業269社の中で、ベンチャーキャピタル(VC)から出資を受けている企業は94社、出資を受けていない企業は175社でした。ベンチャー白書では、単純集計のほか、VCからの出資の有無によって回答の傾向に差があるかどうかという観点で分析しています。

2015年 経営環境等に関するアンケート調査の概要図1. 2015年 経営環境等に関するアンケート調査の概要

海外志向のベンチャー企業は、全体の80%

 アンケートでは、海外展開の状況について聞いています。すでに海外展開(販売・調達)をしている企業は、回答企業全体の24.9%に達し、そのうち海外拠点がある企業は9.3%でした。また、「今後、海外展開をする計画がある」という企業を含めると、海外展開に積極的な企業は全体の80%近くに達しています。また、VC出資の有無で比較した場合、すでに海外展開をしている割合は両グループでほとんど差はみられませんでしたが、海外拠点がある企業については「VC出資あり」の方が「VC出資なし」に比べ割合にして約2倍多いという結果が出ました。

海外展開の状況図2. 海外展開の状況

 すでに海外展開をしている企業の展開先の地域(図3)は、アジアがもっとも多く、「中国」「東南アジア」「その他アジア」を合わせたアジア全体で47.1%を占めています。なかでも「東南アジア」の割合がもっとも高くなっています。

 VC出資の有無で比較した場合、「VC出資あり」ではさらにアジアの占める割合が多く(59.2%)、「VC出資なし」の42.0%に比べその比率は約1.4倍に達しています。近年、ベンチャー投資の市場としてアジアが注目されているため、VCから出資を受ける企業のアジアへの進出は今後も伸びていく可能性があります。

海外展開している国と地域図3. 海外展開している国と地域

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
多様な資金調達元。VCに対する期待大

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
『ベンチャー白書2015』連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

一般財団法人ベンチャーエンタープライズセンター(イッパンザイダンホウジンベンチャーエンタープライズセンター)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング