テックビューロ、プライベート・ブロックチェーン環境「mijinクラウドチェーン」を開始

オープンβプログラムでフィンテックの最新技術を無償体験

 テックビューロ(大阪府大阪市)は、プライベート・ブロックチェーンPaaS「mijinクラウドチェーン」のオープンβプログラムを2月5日から開始する。この環境は、一般に解放され、無償のウォレットアプリケーションを使用することにより、仮想通貨の発行や金融機関の模擬などのさまざまな実証実験がその場で開始可能になるという。オープンβプログラムは、2016年6月末まで無償で解放される。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] クラウドコンピューティング FinTech

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブロックチェーン技術を用いると、残高やデータの整合性を崩さないままに、ダウンタイムを撤廃した分散型の勘定エンジンが低コストで構築可能になる。また、記録されたデータの改ざんが困難なため、近年ではフィンテックを代表する新技術として注目を集めている。

 テックビューロでは、同社で開発するプライベート・ブロックチェーン構築プラットフォーム「mijin」のPaaS版である「mijinクラウドチェーン」のオープンβプログラムを開始することにより、誰でも簡単にブロックチェーンのテスト利用が可能となる環境を提供する。

 このプログラムは、2015年12月に発表され、15か国167企業から申し込みがあった実証実験環境「mijinクラウドチェーンβ」の共用版にあたる。

 全ての機能は両プログラムで共通となり、オープンβプログラムにおいても全ての機能が利用可能だが、今回は使用するネットワークが他の多数のβテスターと共用になる点のみが前回のものとは異なるという。

 このプログラムでは、「mijin」ネットワーク上で無償のウォレットアプリケーション「Light Wallet」が利用可能。このアプリケーションは、Windows環境で動作し、「mijin」のネットワークに接続することにより、ブラウザから独自の仮想通貨やアセットを自由に発行することが可能になる。

 アセット発行時には、小数点以下の桁数や、発行総数、必要手数料など詳細な設定が可能だという。発行された仮想通貨(トークン)は、ブラウザ上の同アプリケーションから送金や管理が可能であり、無駄なコストや工数をかけることなく、その場で今日から仮想通貨や独自トークン、ポイント、銀行、電子マネーなどの実証実験を開始できる。

 「mijin」では、ドメイン概念である「namespace」が実装されており、その下に設定の異なったアセットをツリー状に複数作成することができる。

 例えば上図では、米ドル残高と日本円残高を「mijin」というネームスペース下の「fiat」というサブスペースで管理し、ポイント残高を別途「mijin」のネームスペース下で直接管理している。この構造を組み合わせることにより、数字の残高に限らず、ブロックチェーン上で複雑なアセット管理とアプリケーションが設計が可能になる。

 このプログラムで提供される「mijin」ネットワークでは、上記の「namespace」や、既に実装されている「multi-signature(複数鍵署名)」などを含む全ての機能が利用できるという。ウォレットアプリケーションからだけではなく、用意されたAPI上にアプリケーションを作成することも可能であり、単なる仮想通貨やポイントサービスに限らず、認証システムからアセット管理、取引所、メッセージングなど、さまざまな実証実験が実施可能だという。