SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

ローランド・ベルガー、2050年に世界をかたち作る6つのメガトレンドを発表

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 ローランド・ベルガーは、シンクタンクであるRoland Berger Institute(RBI)がまとめた、グローバルトレンドに関するレポート「2050年 世界をかたち作る6つのメガトレンド」を公表した。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 このレポートでは、現在から2050年までの間に世界を形成するという6つの潮流について解説している。6つの潮流は以下の通り。

1.人と社会

 人口、移民、価値観、教育という4つのサブトレンドから構成される。人は移動し、価値観に頼り、学びを求める。私たちの思考の核心は、単なる人口統計を超えて、人と社会にある。

2.ヘルスケア

 パンデミックとその他のワイルドカード、病気と治療、介護という3つのサブトレンドから構成される。パンデミックだけが脅威ではない。政策立案者とヘルスケアの専門家が協力し、ヘルスケア/介護関連の無数の課題に対する解決策を探るべきである。

3.環境資源

 気候変動と汚染、資源・原材料、危機に瀕した生態系という3つのサブトレンドから構成される。世界的な気候変動の緩和に加え、水、食料、原材料の確保や生物多様性の保全に対する取組みが必要となる。

4.経済とビジネス

 グローバリゼーション再考、パワーシフト、セクターの変革、債務チャレンジという4つのサブトレンドから構成される。世界のバリューチェーンは見直されつつあり、新たな経済大国圏が台頭。セクター別の変革が重要となり、財政面では債務負担が増加していく。

5.技術とイノベーション

 技術の価値、人工知能、人間と機械という3つのサブトレンドから構成される。テクノロジーへの投資とイノベーション能力は依然として重要である。その中でAIは人間の価値に対する懸念と共に、広大な未来の可能性を約束する。

6.政治とガバナンス

 民主主義の未来、ガバナンスと地政学、グローバルリスクという3つのサブトレンドから構成される。民主主義の特性の衰退が加速。独裁化の流れと民主主義の疲弊がグローバル・ガバナンスに課題を与える。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング