Biz/Zineニュース

副業経験者の5人に1人は本業より収入が多い エイチームフィナジーが調査結果を発表

 エイチームフィナジーは、20代~50代の働く男女330名に「副業に関する実態調査」を実施した。調査の結果、「副業の方が収入が多い」という人が21.8%という結果になり、副業経験者の5人に1人は本業より副業の収入が多いことがわかった。また、副業の内容としては「株式投資」が44.8%、「FX投資」が26.4%、「仮想通貨投資」が20.9%という結果だった。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 副業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

調査サマリー

  • 副業経験者の5人に1人は本業より収入が多い
  • 20万円以上の副業収入を得ている人は約2割
  • 人気の副業は「株式投資」「FX投資」「仮想通貨投資」など投資関係
  • 副業を始めた理由の第1位は「収入を増やすため」
  • 副業で最も気を付けることは「本業に支障をきたさないようにすること」
  • コロナ禍において、副業していて良かったことの第1位は「収入の増加」
  • 今後「資産運用」に力を入れたいと考えている副業経験者は6割以上

 「2020年3月~2021年2月の1年間で、本業より副業収入が多いですか?」という質問に対し、「副業の方が収入が多い」と答えた人が21.8%、「本業による収入の方が多かった」と答えた人が75.8%だった。

 「あなたの副業収入(月収)はいくらですか?」という質問では、「5万円以下」が43.9%、「5万円~10万円」が18.4%、「10万円~15万円」が5.5%という結果になった。

 「副業の内容を教えてください」という質問への答えでは、「株式投資」が44.8%、「FX投資」が26.4%、「仮想通貨投資」が20.9%という結果になり、副業として投資を行っている人が多いことがわかった。

 「副業を始めた理由を教えてください」という質問では、「収入を増やすため」が74.8%、「貯金をするため」が38.0%、「将来の不安を感じたため」が36.5%という結果となった。

 「副業で気を付けていることを教えてください」という質問に対しての答えは、「本業に支障をきたさないようにする」が68.1%、「過労に注意する」が45.7%、「確定申告・税金の管理」が33.4%だった。

 「コロナ禍において、副業していて良かったことは何ですか」という質問に「収入が増加した」と答えた人が51.8%。以下「視野が広がった」が26.7%、「将来の不安が解消された」が24.2%と続いた。

 「さらにお金を増やすために、これから始めたいこと・力を入れて取り組みたいことは何ですか」という質問に対しては、「資産運用」が61.3%、「お金の知識の習得」が50.6%という結果になった。