SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート (PR)

グローバル企業のビジネスをデジタルで加速させる──WOVN早坂氏が語る、ローカライズ対応の重要性

Biz/Zine Day Summer レポート vol.09

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

ローカライズで押さえるべき「QCD」とは?

 企業のウェブサイトをローカライズする際に考えるべきポイントは、Quality(品質)、 Cost(費用)、 Delivery(納期)のバランスだとした上で、早坂氏は次のように説明する。

 「Qualityとは、求められる翻訳品質はどの程度なのか。たとえば、製品の成分や規約内容の場合、誤訳のリスクはどの程度あるのか考える。Costとは、翻訳に対してどのくらいのコストをかけるか。コストは翻訳の範囲、言語数、コンテンツの更新頻度で増減するためです。Deliveryとは、納期のことで、どのくらいリアルタイム性が求められるか。品質を求めて人力翻訳を選択すれば納期は遅くなっていきます。反対に、たとえば、マーケットを取るためにプレスリリースの情報を高速で配信したければ選択肢は変わります。これらQCDのバランスを考慮して最適な翻訳手法を選択し、ハイブリッドで対応できる体制を組む必要があるのです」

QCDのバランスを考慮画像クリックで拡大表示

 翻訳手法に関して、「WOVN.io」では「機械翻訳+用語集」「ポストエディター(機械翻訳後の人力修正)」「人力翻訳」の3種類があり、これらを組み合わせた柔軟な対応が可能だ。機械翻訳の質を懸念する声もあるが、ブランディングの観点で注意を払うべき固有名詞などは、「WOVN.io」上の用語集への登録が可能だ。さらに、一度翻訳された結果はデータ化していくため、翻訳データは顧客の資産となる。

 Webサイトには色々な目的があり、タイプごとに適切な体制を組む必要がある。たとえば、社内向け情報サイトであれば、情報量は多いが、品質は求められない可能性が高い。よって、機械翻訳を行った上で固有名詞や専門用語の用語集を「WOVN.io」上で作成すれば事足りる。逆に、ブランディングやキャッチコピー、法律、医療関係の情報は品質を求められるが、情報量は少ないため、人力翻訳で品質を担保する必要がある。

  つまり、ビジネス目標やWebサイトのあり方を明確にして、QCDの観点から膨大なコンテンツを適切な翻訳範囲・手法に絞り込むことがポイントとなるのだ。

コンテンツの特性を考慮画像クリックで拡大表示

 ニュアンスやメッセージ、コンテキストが重要な高トラフィックページには人力翻訳が必要な一方、些細な問題がユーザーやブランドに影響しづらいコンテンツには機械翻訳で十分ということだ。Wovn Technologiesでは、これらの手法を全て一つのプラットフォームで利用可能で、様々な企業のゴール達成に対しての手段としてサポートできると早坂氏は述べた。

ビジネス目標を明確にし、翻訳手法を検討画像クリックで拡大表示

次のページ
事例でみる多言語化がビジネスにもたらす好影響

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング