SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

「人的資本経営」とは何か

東急建設の「人的資本経営」は対話から──なぜ長期経営計画で従業員エンゲージメントを公表するのか?

ゲスト:東急建設株式会社 信貴 弘恵氏、西田 博貴氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

全社の一体感と繰り返しの対話で強力なエンゲージメントを

「Vision2030」
出典:東急建設株式会社「VISION2030 長期経営計画 “To zero, from zero.”」8ページ目(再掲)
[画像クリックで拡大]

信貴:まず、「ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)推進」に向けた取り組みです。弊社の従業員もこれまでほとんどが男性で、指示命令も上意下達のマネジメントが中心という、建設業界特有の体質が残っていました。これを打破するために、女性採用比率の向上に努めているほか、業界内では早期にテレワークやフレックス制度など、柔軟な働き方が出来る仕組みを導入しています。多様性というものは、性別や国籍のような外見的な面だけでなく、社員の価値観や就業感といった側面においても重視されるべきだと考えているからです。

 もう一つの大きな取り組みである「リーダーシップ・マネジメントスタイル」については、自律性を高めるための施策を実践しています。従業員エンゲージメントの向上には、各組織のリーダーによるマネジメントが大きく寄与しますからね。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
「人的資本経営」とは何か連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

名須川 楓太(Biz/Zine編集部)(ナスカワ フウタ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング