西武鉄道が「wizpra NPS」を活用し、顧客推奨度向上へ

西武鉄道が実施するイベントに対するNPSを計測・分析

 wizpra(東京都新宿区)は、wizpraが開発する顧客推奨度を向上させるクラウドサービス「wizpra NPS」を西武鉄道が活用し、顧客体験の向上に取り組むことを発表した。この取り組みは、西武鉄道が実施するイベントに対するNPS(ネット・プロモーター・スコア)を計測・分析することで、顧客ロイヤルティを向上させることを目的としている。

[公開日]

[提供元] entrepedia

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「wizpra NPS」は、wizpraが開発する顧客体験をマネジメントするクラウドサービスで、wizpraの持つ豊富なデータやノウハウをもとに、NPSの最適な活用方法から、日々のサービス向上につながるアクション提案まで一貫して提供する。

 「wizpra NPS」は、Webからの回答をもとに、テキストマイニング等の機能から、リアルタイムに顧客の声を自動で分析することが可能。そのため、紙による回答よりも圧倒的に速く、簡単に集計を行うことができるという。

 また、分析チームによる詳細な分析レポートや、具体的施策の提示を通して、西武鉄道のサービス品質向上に貢献するとしている。

 NPS(ネット・プロモーター・スコア)とは、顧客ロイヤルティ、つまり顧客がどれだけブランドやサービスに愛着を感じているかを示す指標として、欧米を中心に広く用いられているという。西武鉄道においても、NPSを経営指標の1つとして位置づけ、企業価値向上をめざすという。