Biz/Zineニュース

日本IBMとマネーツリー、FinTechにおけるAPI技術の活用で協業

金融機関からの明細データ自動取得サービスとBluemixの連携へ

 日本アイ・ビー・エム(東京都中央区)とマネーツリー(東京都渋谷区)は、金融とテクノロジーを組み合わせ新たな金融サービスを実現する「FinTech」と、今後重要性を増す企業のハイブリッド・クラウドを支えるAPI技術の活用推進のために協業すると発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ファイナンス データテクノロジー

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回の協業では、国内1,550社以上の金融機関等から明細データを自動的に取得できるマネーツリーのサービスである「MT LINK」と日本IBMが提供するPaaS「IBM Bluemix」をAPIで接続するため、両社が協力して技術検証を行う。

 これにより、フィンテックにおける迅速なアプリケーション開発と多岐にわたるAPI技術の利活用を促進し、国内におけるAPI経済圏づくりに寄与することを目的とする取り組みだとしている。

 マネーツリーが提供する「MT LINK」は、国内1,550社以上の金融機関(銀行、クレジットカード、電子マネー、ポイント)から、明細データを自動的に取得できるサービス。

 100万件以上の口座情報を管理する実績があり、顧客のセキュリティとプラバシーに配慮した仕組みで、導入側の負担も軽いため、さまざまな業界で利用が可能だという。

 銀行口座に関しては、普通口座、定期口座だけでなく、法人口座として、メガバンク(三菱東京UFJ、三井住友、みずほ)をはじめ、84行の地方銀行、125行の全国の信用金庫に対応し、個人と法人の全体をカバーできるサービスになっているという。