SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

全米文系学生就職先ランキング1位、Teach for Americaが挑む「教育の課題」と「リーダー育成」の仕組み

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

パキスタン、日本、アメリカ。世界どの地域にも共通する「教育の課題」

 各国の「Teach For --」はTeach For Allとして連携しており、教育課題へのアプローチなど情報交換を行っている。そのネットワークから明らかになった世界中で共通する教育の課題が、「Teach For Allが各国の組織を通じて世界に広がる仕組みになったということで、一番感じた教育上の課題はなんですか?」というウェンディへの質問で見えてきた。

非常に異なる課題をそれぞれの国が抱えていますが、根本的なところは非常に似ていると感じています。パキスタンで会議をした時、何がパキスタンに特有の問題なのかということをメンバーに質問しました。すると、一人の女性が『問題はみんなと一緒だ。何も変わらない』と言っていました。

パキスタンでは私たちが相手にしている子供が成功できるということを、教師・親・子ども自身、誰もが信じていない。そのことがすべての問題の源であると彼女は言いました。つまり、マインドセット、意識の問題です。これは世界中で共通している問題で、私たちが主に戦っているのは、このような「諦める」という意識、その意識を変えることを困難にする全ての要素です。

(ウェンディ)

 世界中、つまりアメリカや日本でも「子供の未来における成功を信じない」という意識が教育の中に根付いてしまっている。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング