デンマーク発ビジネスデザインスクール、カオスパイロット流「クリエイティブリーダーシップ」

KAOSPILOT 来日記念講演セミナーレポート

 リーダーシップと起業家養成教育のパイオニアとして名高いデンマークのビジネスデザインスクール、カオスパイロットの校長とプログラムディレクターが初来日し、名古屋大学や博報堂でクリエイティブリーダーシップのワークショップを指導したほか、同校を紹介するセミナーにも参加した。本レポートでは11月19日に東京青山で開催されたセミナーの模様をお伝えする。

[公開日]

[講演者] クリスター・ヴィンダルリッツシリウス デイビッド・ストークホルム 大本 綾 [取材・構成] 有須 晶子 [編] 栗原 茂(Biz/Zine編集部)

[タグ] タレントマネジメント ビジネスモデル デザイン思考 ベンチャー kaospilot クリエイティブ・リーダーシップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デンマークの歴史的背景が生んだ、社会課題解決に応える実践型ビジネススクール

 カオスパイロット(KAOSPILOT)は、デンマーク第2の都市オーフスを拠点とするビジネスデザインスクールだ。日本人として初めて同校に留学した株式会社Laere(レア)の大本綾さんの説明によれば、「起業家精神、リーダーシップに力を入れ、ビジネス面では組織開発にプロジェクトマネジメント、デザイン面では、ブランド&サービスデザイン、経験デザインを実践重視の試行錯誤型で学べる学校」である。

メインのプログラムは3年制で1学年が36人ほど。多様なバックグラウンドを持つ学生がチームで実践的にプロジェクトに取り組みながら、理論を学び、内省するというラーニングループを巡っていきます。カオスパイロットの3年間で、クリエイティビティは生まれながらに授かった才能というより、トレーニングを繰り返すことによって得られるものだと感じました。

大本 綾大本 綾(株式会社Laere<レア>):左
WPPグループの広告会社であるグレイワールドワイドで、大手消費材メーカーのブランド戦略、コミュニケーション開発に携わる。その後、デンマークのビジネスデザインスクール、カオスパイロットに初の日本人留学生として受け入れられ、2015年6月に卒業。留学中は起業家精神とクリエイティブリーダーシップを中心に学び、デンマーク、イギリス、南アフリカ、日本において社会や組織開発のプロジェクトに携わる。帰国後、日本とデンマークを結び、最高の学びをデザインすることをミッションに掲げ、株式会社Laere(レア)を設立。留学中は起業家精神とクリエイティブリーダーシップを中心に学び、デンマーク、イギリス、南アフリカ、日本において人材育成や組織開発などのプロジェクトに携わる。ダイヤモンド・書籍オンラインの連載記事『幸福大国デンマークのデザイン思考』の著者。
クリスター・ヴィンダルリッツシリウス(2009年よりカオスパイロット校長、CEO):右
学校運営を通じて、多くの若い起業家を輩出してきた。自身の起業経験やカオスパイロットでの長年にわたる理論と実践を基に、世界各国の教育機関や企業の要請を受け、数多くのイノベーション、リーダーシップに関する講演やワークショップを展開している。

 kaosはデンマーク語で「混沌」を意味する(英語のchaosに相当)。カオスパイロット(混沌の中でもパイロットのようにナビゲートする人材)を校名に掲げるようになった背景には、北欧ならではのユニークな歴史的経緯がある。同校が設立されたのは1991年だが、直前の80年代はまだ冷戦時代だ。東西陣営が睨み合う狭間に位置するデンマークでは、重ねて経済も停滞していた。「そんな状況が人々の心の持ちようにも影響し、ほんとうに核戦争が起こって世界中が核の冬に陥ってしまうのではないかと恐れられていた」と、カオスパイロットの校長を務めるクリスター・ヴィンダルリッツシリウスさんは当時を振り返る。

そうしたなか、失業中の若者を支援するフロントランナーという組織が作られました。この組織は、若者たちにあれをしろとかこれはするなとは言わず、ただオープンなスペースを提供しました。若者たちはそこでパーティをはじめ、その集まりがやがてコミュニティに発展し、リソースフルな(才能のある)人たちが集まってアートやカルチャー、ソーシャルなプロジェクトが手がけられるようになりました。

 フロントランナーのメンバーたちは、西側諸国からの民間人の入国が困難だった1989年にソ連に入り、1週間ほどアートやソーシャルのプロジェクトやフェスティバルを展開した。ベルリンの壁が崩壊したのはその4ヶ月後だ。

この経験をきっかけに、社会に変化をもたらすプロジェクトを起こすためにはどんな教育が必要かを考えるようになりました。カオスパイロットの最初のカリキュラムは、その問いへのひとつの答えだったのです。このように、カオスパイロットは大学ではなくストリートから生まれた学校で、人々が方向性を見定め自身の人生に責任を持つことをエンパワーするというリアルなニーズに焦点を当てています。

バックナンバー