SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineプレス

IoT時代の「共創」仕掛け人、ウフル八子知礼氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Industrial Internet Institute(i3)を立ち上げを支援

IoTに関連する欧米の政策としては、ドイツのインダストリー4.0とアメリカのインダストリアル・インターネットがある。日本でも2015年の日独首脳会談を受け、IoT/インダストリー4.0協力の共同声明が経済産業省によっておこなわれた。アメリカのインダストリアル・インターネット・コンソーシアム(IIC)もインダストリー4.0の推進母体との提携をおこなっている。
米GE、シスコ、GE、インテル、IBMが設立したIICはオープンな団体であるため、日本企業も大手が参加しており、日本支部の設立も待たれている状況だ。

「インダストリー4.0の活動は元々はイノベーションというよりは、製造業を中心にした生産性重視の活動から始まったと理解しています。ドイツの国家戦略の延長線上としては、製造業を盛り上げるという意味では良いのですが、現在はアメリカでのインダストリアル・インターネットの活動に倣い、産業全体に波及させようという取組に発展させようとしています。日本ではそれが製造業のモノづくり中心に捉えられていることが多く、我々はどちらかというと、産業全体のイノベーションを追求するアメリカ型のインダストリアル・インターネットの活動の方が魅力的だと考えています。」

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineプレス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

京部康男 (Biz/Zine編集部)(キョウベ ヤスオ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング