伊予銀行が電子地域通貨プロジェクトを開始。アイリッジの「MoneyEasy」採用。

愛媛県松山市に本店を置く株式会社伊予銀行は、株力会社アイリッジと共に、フィンテックソリューションによる地方創生の取り組みとして電子地域通貨の導入を開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

伊予銀行の地域創生のための電子地域通貨プロジェクトは、第一弾として2018年2月から約3ヵ月間おこなわれる。今回は伊予銀行の本店役職員約400人を対象に、電子地域通貨「IYOGIN Co-in」を使用して実証実験を行う。

 電子地域通貨の導入はスマートフォンアプリを活用し、顧客にタイムリーでメリットのある情報発信やスマートな決済サービスの提供により地域の需要を喚起するもので、地域経済の活性化および金融サービスの向上を目的としている。

 今後はこの実証実験を通じて、技術、セキュリティ、法制度や運用面における課題を抽出・検証して本格的な導入を目指す。なお、「IYOGIN Co-in」には、アイリッジの電子地域通貨プラットフォーム「MoneyEasy」を採用する。

アイリッジの電子地域通貨プロジェクトは、飛騨信用組合、ハウステンボスに続き、第三弾の取り組みとなる。

実施対象となる近隣飲食店(一例) 

実証実験の概要(予定)

・対象者 :伊予銀行の本店役職員(約400人)
・期間   :2018年2月16日(金)から約3ヶ月間
・対象店舗:伊予銀行本店内の食堂、近隣飲食店
・想定金額:一人一月当たり1万円
・通貨名称:「IYOGIN Co-in」

【関連ニュース】
- 飛騨・高山の電子地域通貨「さるぼぼコイン」開始、アイリッジと飛騨信用組合が実施。