PR

世界のゲームブランド「カプコン」のプレイ環境を支えるアカマイのインフラ技術

世界的なゲームブランドであるカプコン。大容量の通信による高品質のゲームエンターテイメントを支えるのはCDN(コンテンツ・デリバリー・ネットワーク)というテクノロジーだ。その代表企業であるアカマイのカプコン導入に関する資料が公開されている。

[公開日]

[著] BizZine編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アカマイという会社をご存知だろうか?
一見、「赤米」という日本語を連想させるが、この社名はハワイ語で「賢い」を意味する言葉。
そして、この言葉を冠したアカマイ・テクノロジーズは世界でも有数のインターネット企業。
インターネットを利用するビジネスやメディアのWebサイトの多くがアカマイの技術を使っていて、グーグルとも匹敵する「インターネットの巨人」と言っても差し支えない。

そのアカマイのテクノロジーはCDN(コンテンツ・デリバリー・ネットワーク)というもの。大量のデータのコンテンツを配信する基盤技術だ。

そして放送・メディア・動画のビジネスにはこのCDNが欠かせなくなっている。

今回紹介する世界的なゲームメーカー「カプコン」もアカマイのCDNをはじめとする製品やテクノロジーを導入している。
その目的と効果は以下のようなものだ。

  • 大容量のアップデータの配信を「Download Delivery」で高速化
  • ゲーム画面のキャプチャ画像の保存、公開機能に「NetStorage」を活用
  • 課金や法令対応のために日本からのアクセスに限定
  • 「Fast DNS」で、BINDの脆弱性管理などの作業負荷を解消

ゲームがますます進化し、リッチ化している。数々のヒットゲームを開発・運用してきたカプコンの実践的な導入事例を、担当者へのインタビューで解説した資料が公開された。

ゲーム業界だけでなく、動画、映像、音楽をはじめ「メディア」「コンテンツ」の配信にかかわるビジネスの方に、ダウンロードして活用されることをぜひお薦めしたい。

akamai_pdf
カプコン導入事例資料/提供:アカマイ
ダウンロードはこちら


バックナンバー