セレスとグッドラックスリー、イーサリアム活用のDapps「くりぷ豚」をリリース

株式会社セレスが、株式会社グッドラックスリーと共同で、イーサリウムのブロックチェーン利用によるスマートフォンゲーム「くりぷ豚(トン)」をリリースすると発表した。 (写真:グッドラックスリー 井上社長/セレス 都木社長)

[公開日]

[著] BizZine編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブロックチェーンゲームは、ユーザーが「くりぷトン」を集め、交配させ新種を誕生させ売買するというもの。特長は、イーサリアム上のブロックチェーンによる、Dapps(Decentralized Application)のテクノロジーを用いていること。

「2018年以降はDapps抜きにビジネスは語れなくなる。。ブロックチェーンゲームはDappsの市場を拓き、先鞭をつける可能性がある。」
(セレス 都木社長)

「ブロックチェーンのノウハウや仮想通貨の法制度対応のノウハウを持つセレスと、ゲームメーカーのグッドラックスリーが組むことで、日本初のブロックチェーンゲームが可能になった。」(グッドラックスリー 井上社長)

 くりぷ豚の運営を通じ、 グッドラックスリーの持つオンラインゲームの企画・開発力と、 当社の持つ仮想通貨・ブロックチェーン関連のノウハウ及び、 累計1,000万人以上のポイントサイト会員情報等を活用することにより、 今後拡大が見込まれるブロックチェーンゲーム市場への早期の参入を行う。

またセレスは、ビットバンク、マーキュリー、コインボードなどの仮想通貨関連の取引所やテクノロジー企業に出資しており、こうしたビジネスとの連携や送客も差別化要因になるという。

ゲーム内での売買は、イーサリアムでおこなわれセレスが出資する仮想通貨取引所などを通じて換金することができる。事業モデルとしては、ゲームの販売収入に加え、仮想通貨の手数料が含まれる。

「くりぷ豚」は現在、最終確認段階にきており、スマートフォンアプリのAppleやGoogleの審査を経て、近くリリースされる予定。