デロイト トーマツが「Frontier Tech Lab」設立、AI/アナリティクス活用推進体強化

デロイト トーマツ グループは、2018年5月10日に、 Frontier Tech Labを設立した。AI・アナリティクス、 ロボティクス、 ブロックチェーンなど先端テクノロジー動向に関する知見集約し、研究開発、ツール開発、教育研修などをおこなう。

[公開日]

[著] BizZine編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デロイト トーマツはAI(人工知能)技術者・データサイエンティスト、 サイバーセキュリティの専門家、 アナリストなどの最新テクノロジー分野に関与する総勢約1,000名を擁している。Frontier Tech Lab (フロンティア・テック・ラボ、 以下FTL) 発足により、 テクノロジー基盤や研究開発・ツール開発体制が共通化し、 各ビジネスでのクライアント・ニーズへの対応を強化する。

FTLの活動領域は以下。

・優先ビジネス領域におけるテクノロジー活用・デジタル化への集中投資:
これまでグループ各社で専門領域毎に行ってきたテクノロジーおよびデジタル関連投資について、 グループ全社共通の優先テーマ領域を設定して知見、 資金等のリソースを集中投下

・研究開発:
テクノロジーR&DによるAI技術・アナリティクス、 ロボティクス、 ブロックチェーンなど先端テクノロジー動向に関する知見集約と、 それを踏まえた研究開発を推進し、 デロイト トーマツにおけるソリューション開発・展開のための最適なテクノロジーの採用に貢献

・グループ共通のテクノロジー基盤の構築・拡充:
アナリティクス、 ビッグデータ分析、 サイバーセキュリティ、 各種マネージド・サービスなどに関わるIT基盤をデロイト グローバルの品質基準を有するグループインフラとして構築・拡充

・各種ツール開発:
AI技術(主に言語系、 画像系、 最適化・推論系)ツール、 3Dプリンター、 ドローン、 AR・VR(仮想現実・拡張現実)などに関わるツールの開発・運用

・教育研修・人材開発:
AI技術・アナリティクス、 ロボティクスなどのテクノロジー活用スキルに主眼を置いたコンサルタント・会計士・税理士等プロフェッショナルへの研修実施

デロイト トーマツでは、 テクノロジー領域に対して、 向こう5年間で総額数百億円規模の経営資源を投下することを計画している。