SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

日本流ティール組織とは

ティール組織の挑戦者・実践者たちが語った、進化し続けるチームが持つ「行動と目的の好循環」とは

第3回(セミナーレポート)

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

ホラクラシーやティール組織への批判「役割重視で人軽視」はお門違い──組織での役割と人格は分離させる

 最後に、『ティール組織』の編集を担当した英治出版の下田氏が、海外でのティール組織の現状を紹介した。

 「『ティール組織』が1月に出版されました。著者であるフレデリック・ラルーさんとメールのやりとりがあり、日本での反響に大きな関心を持っていらっしゃるようでした。ぜひお会いしたいと打診してみたところ、会っていただけることになりました。そこで吉原氏、嘉村氏に声をかけ、一緒にアメリカまで訪問したのです」と語る。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
日本流ティール組織とは連載記事一覧

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング