TIS、ロボットによる人の業務代行・分担を実現する「サービスロボットインテグレーション事業」を提供

 TISは、複数のサービスロボットを統合的に管理し、複数のロボット同士やセンサーなどの環境や人を含めた相互連携を実現するプラットフォーム「RoboticBase(ロボティック・ベース)」の提供を発表した。あわせて、関連するインテグレーションサービスも提供するという。「RoboticBase」は、β版を今秋中、正式版を来春に公開予定としている。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ロボット テクノロジー

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TISは、サービスロボット同士の情報共有や連携を容易にするプラットフォーム「RoboticBase(ロボティック・ベース)」の提供を中心とした「サービスロボットインテグレーション事業」の提供を発表した。

 「RoboticBase」では、業務・環境に適応させた新ロボットの追加のための標準的なインタフェースが用意されており、ロボットと設備に設置されたカメラやIoTデバイスとのリアルタイムなデータ連携、官民のオープンデータ(災害アラートなど)との連携が可能だという。

 TISは、「RoboticBase」の構築に向けて、ゼネコン、デベロッパー、ビルメンテナンス企業などを含むビルメンテナンス市場の様々なプレイヤーとの協業の準備を進めているという。