Sansan、帝国データバンクとの共同研究を開始

 Sansanは、帝国データバンクと共同研究契約を締結し、企業間の取引・人脈ネットワークの分析をテーマとした共同研究の開始を発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sansanは、2016年10月に帝国データバンクと包括提携契約を締結し、名刺情報と企業情報の連携を進めてきた。今回、連携の一環として新たに共同研究契約を締結し、企業間の取引・人脈ネットワークの分析をテーマとした共同研究を開始すると発表した。

 Sansanのデータ統括部門であるDSOC(Data Strategy & Operation Center)は、帝国データバンクの研究開発部門である総合研究所と、「企業間の取引・人脈ネットワークの分析」をテーマとした共同研究を開始する。

 これまで帝国データバンクの総合研究所は、自社の収集した企業間取引データをもとに、取引ネットワークの観点から企業活動のライフサイクルや経営状況の予測、日本の産業行動や地域経済に関する実証研究を複数の大学とともに行ってきた。

 また、DSOCでは、名刺データを統計的に分析することにより、営業戦略としてターゲット企業の意思決定者との名刺交換状況や、営業をよく受ける傾向のある担当者の傾向を明らかにしている。

 今回発表した共同研究により、営業などの企業間の接触がどのように取引につながるのかを明らかにすることを目指す。企業の営業活動やマーケティング活動に新しい価値を提供するサービスの検討や、日本経済のさらなる発展に寄与する知見を発掘・提供することを目指すとしている。