三菱UFJイノベーション・パートナーズ、FinTech関連投資管理にセールスフォースを採用

 セールスフォース・ドットコムは、三菱UFJイノベーション・パートナーズによるSalesforce Sales CloudとSalesforce Einstein Analyticsの採用を発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] データテクノロジー テクノロジー

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三菱UFJイノベーション・パートナーズ(MUIP)は、三菱UFJフィナンシャル・グループ内の各社によるオープン・イノベーション強化のために、FinTech関連スタートアップ企業への投資専門会社として2019年1月に設立された。

 MUIPは、投資先管理とパフォーマンス管理のために、Sales CloudとEinstein Analyticsが採用した。Sales Cloudで投資先に関連する情報を集約するとともに、Einstein Analyticsによって投資先の投資金額とパフォーマンスを「見える化」することが可能になる。また、今回はテストから稼働までを約1ヶ月で実現したとしている。

 MUIPはSalesforceを採用した理由として、開発期間が短く運用後もエンドユーザー側で柔軟に仕様変更ができる点と、セキュリティの堅牢さを挙げている。また、今後は投資に関連する各種決裁フローもSalesforce上での運用も行っていく予定だという。