ダイキンら9社、未来のオフィス空間『point 0 marunouchi』において実証実験を開始

 オカムラ、ダイキン工業、東京海上日動火災保険、ライオン、MyCity、アサヒビール、TOA、TOTO、パナソニックは、会員型コワーキングスペース『point 0 marunouchi(ポイントゼロ マルノウチ)』で、7月16日(火)より未来のオフィス空間づくりに向けた実証実験を開始すると発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ワークスタイルIT ワークプレイス テクノロジー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『point 0 marunouchi』は、空間データの協創プラットフォーム『CRESNECT』の第1弾プロジェクトである「未来のオフィス空間」を実現していくための会員型コワーキングスペース。今回新たにアサヒビール、TOA、TOTO、パナソニックの4社がプロジェクトに加わり、各社の最新技術やデータ、ノウハウを活用し、オープンスペースや会議室、仮眠ブースなどにおいて、多様な働き方に合わせた空間コンテンツを導入するという。実際に働く人の動きや生体情報、設置機器等の運転データを収集・分析し、コンテンツの高度化や新しいサービスの創出に取り組むとしている。

 また、これらの空間コンテンツを通じて、働く人の快適性やウェルネスが重要な評価ポイントとなるオフィス空間の認証制度「WELL Building Standard」のコワーキングスペースでの獲得も目指すという。

 『point 0 marunouchi』では、利用者一人ひとりが目的や好みにあわせた働き方ができるよう、オープンスペース、会議室、集中ブース、仮眠ブースなど、多彩なコンテンツを備えた様々な空間を準備する。利用者は、自身にとって快適な空間を選択して利用することができる。