MESON、ARコミュニティイベント「ARISE」を発足

 MESONは、エンハンスとサイバーエージェントと共に、AR業界に関心がある全ての立場の人が集まり、日本から世界へARの情報を発信できる場としてARコミュニティイベント「ARISE」を創設した。ARISEの第一弾では、中国ハードウェアスタートアップ「nreal」による開発者向けセッション、デジタル技術を応用した建築を手がける豊田啓介氏とエンハンス代表の水口哲也氏による対談セッションなどを予定している。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AR

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ARクリエイティブスタジオのMESONは、ARコミュニティイベント「ARISE(アライズ)」を創設した。エンハンスと、サイバーエージェントでXR開発に取り組む開発者集団「XRGuild」の二社が協賛する。

 ARISEとは「日本発のグローバルARコミュニティを創る」こと、そして「業界業種を超えて、より多くの人々がAR技術で価値を創造する」ことを実現するために発足したARコミュニティイベント。

 ARISEでは、

  • 日本のAR業界を牽引するトップランナーたちによるトークセッション
  • デモコンテンツ/デバイスの体験を通して「ARで何ができるのか」を体感できるデモセッション
  • ARにすでに携わっている方とARに興味関心がある人たちをつなぎ、ARの輪を広げるネットワーキングセッション

など様々なセッションの開催を予定している。

 ARISEは各セッションを通して、「ARをどう生活に浸透させていくか」「どのような市場が生まれるか」「技術をどう活用していくべきか」などを共有する場を目指す。

 8月3日に開催する第1回ARISEでは、「2019年のARを振り返り、これからのARの未来を考える」をテーマに、MoguraVRファウンダー久保田舜氏やARスタートアップのファウンダーやエンジニア、中国ハードウェアスタートアップ「nreal」などが登壇する予定。また、デジタル技術を応用した建築を手がける豊田啓介氏とエンハンス代表の水口哲也氏による対談も予定している。