ゴウハウス、ディープラーニングの弱点を克服したAIサービス「 EPISODICO」の提供を開始

 ゴウハウスは、人間の記憶をつかさどる海馬をベースにしたエピソードAIサービス「EPISODICO(エピソディコ)」を開発、7月12日より提供開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI・機械学習

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゴウハウスが提供を始めるエピソードAIサービス「EPISODICO」は、体験などのエピソードを蓄積し記憶から答えを探すことができるAI「EPISODIA(エピソディア)」を搭載している。「EPISODIA」は、AIの導き出した結果の確度が低い場合に、人に「この結果は正しいか?」と推論結果を確認することができるという。

 また「EPISODICO」は、以下の特徴を備えている。

  • ビッグデータがなくてもAIを利用できる
  • トレーサビリティの確保
  • AIが一度で再学習できる

 これによって、ディープラーニングの弱点とされている「ビッグデータが必要」「汎用性が少し低い」「イノベーションを起こせない」「カリスマ性がない」「人の心を動かせない」といった課題を解決することができるという。