Global Catalyst Partners Japan、2号ファンド設立を発表

 日本と米国シリコンバレーに活動拠点を置くベンチャーキャピタルであるGlobal Catalyst Partners Japan(グローバル・カタリスト・パートナーズ・ジャパン、GCPJ)は、2019年8月に、Global Catalyst Partners Japan2号投資事業有限責任組合を組成し投資活動を開始した。日本での運用総額はGCPJ1号ファンドと合わせて125億円となる。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] VC

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GCPJは、1999年にシリコンバレーで創業したGlobal Catalyst Partners(GCP)を起源とする日本ファンド。GCPは米国にて3ファンド、総額約3億ドル(約320億円)の資金を調達しており、2018年にユニコーンベンチャーの仲間入りをしたSoundHound社をシードステージから育成するなど事業創造型ファンドとして投資活動を行ってきた。

 GCPJは、GCPの共同創設者でマネージング・ディレクターの大澤弘治を中心に2014年に創業し、平出亮らをファンドマネージャーに加えGCPと同様に事業創造型ファンドとして日本でのイノベーション活性化を目指している。日本でのイノベーション活性化には、「イノベーション母集団の拡大」と「イノベーション人材の育成」が肝要との考えのもと、GCPJでは以下の方法で日本での投資活動に取り組んでいくという。

日々の経営サポートまで行うスーパー・ハンズオンでベンチャー企業を徹底育成

 投資対象は、IT分野をメインとしたマルチステージ(シード~グロース)のベンチャー。投資先ベンチャーに対しては、ハンズオンで経営支援を行うと共に、GCPJのネットワークを活用し事業開発、資金調達、グローバルブリッジ、Exit(株式公開、売却)を視野に入れた全方位型のサポートを行う。また、GCPJに出資する大手企業のリソースと投資先ベンチャー企業を結びつけることによって、投資先ベンチャー企業の成長を加速させる。GCPJ1号ファンドでは、国内外15社のベンチャー企業に出資。その内8社の社外取締役に就任し、積極的な経営支援を行なっている。

シリコンバレー流の投資モデルで大企業における新事業創造を加速

 GCPJでは、大企業が新規事業開発に取り組む中で領域によって推進が難しい事業アイデアを社内から隔離し、GCPJ100%出資のベンチャー企業として事業開発する仕組みを構築している。大企業の既存社内システムとの整合性を保ち、かつ新規事業に携わる社員および関係者のモチベーションを担保したシリコンバレー流起業メカニズムを実践するStructured Spin-in(SSI)という投資モデルを提供。多くのSSIベンチャー企業を設立することにより、日本の大企業における新規事業開発促進とイノベーション人材育成を目指す。GCPJ1号ファンドでは、これまでに5社のGCPJ出資企業がSSI投資モデルを活用し、それぞれSSIベンチャー企業を設立して活動している。

 GCPJ2号ファンドには、これまでにSOMPOホールディングス、三菱UFJ信託銀行、K4 Ventures、日本電気、ブリヂストン、ヤマハ発動機、ライオン等がLPとして参加している。