SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

ヒトと人工知能が「協働」する時代

人間とAIが補完しあう活動領域──AIとの協働に必要な“3つの役割”と“8つのスキル”とは?

第2回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

“ミッシング・ミドル”において人間が担う“3つの役割”

 ここでは、新たに必要となる3つの役割を紹介します。

トレーナー(訓練者)

 AIの効果を享受するにはアルゴリズムがあるだけでは不十分です。適切なデータを用い、AIを学習させなければなりません。すなわち、AIが特定のタスクや人間らしい振る舞いをできるよう、AIを継続的に改善するのがトレーナーの役割です。また、AIの品質は学習するデータに大きく影響を受け、仮にデータに偏りがあれば、AIは偏った情報を学習してしまいます。データの品質を担保する「データ衛生士」としての仕事もトレーナーの役割の一つといえます。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
ヒトと人工知能が「協働」する時代連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

保科 学世(ホシナ ガクセ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング