電通デジタルと電通、自動車販売店での試乗を自動化・効率化するAI試乗ソリューションを提供開始

 電通デジタルは、電通と共同で、AIの活用を社内外で推進する統括プロジェクト「AI MIRAI」の活動の一環として、自動車販売店での試乗をより楽しく、自動化・効率化するAI試乗ソリューションを9月17日より提供開始する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI・機械学習

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AI試乗ソリューションは、電通が開発した日本語AIの自然対話サービス「Kiku-Hana(キクハナ)」とカーナビアプリとを組み合わせた独自システム。これまで営業スタッフが来店者と同乗して行っていた試乗ルート案内や車のセールスポイントの紹介などの試乗中の会話を、車載スマホに入ったAIが代わりに行うことができる。これによって、来店者だけで試乗することが可能となる。

 このサービスは、電通デジタルと電通が、ナビタイムジャパンと共同でアプリケーションを開発し、音声合成にはエーアイのAITalk®を使用している。トヨタ自動車、ネッツトヨタ北九州の協力により2019年3月に実証実験を行い、良好な効果が得られたことを受け、実運用が可能なシステムとしてAI試乗ソリューションを開発した。

 9月17日より、ネッツトヨタ北九州、トヨタカローラ熊本、トヨタカローラ鹿児島へのソリューション提供を行い、9月21日以降順次、来店者向けにサービスを開始する。今後、サービスの拡大に向けて、全国および他の自動車販売会社へのソリューション提供も行っていく予定だとしている。