KDDI、5G時代を見据え、スポーツ行動認識AI×IoTボールでアスリートを育成・支援

 KDDI、KDDI総合研究所、アクロディアは、スマートフォンなどのカメラで撮影したスポーツ選手の映像から手や足の指先を含む骨格点65点の動きを認識するスポーツ行動認識AIと、センサー内蔵型ボールからスマートフォンで取得したデータを活用し、選手の技術向上に役立てることができる、アスリート育成支援システムを開発した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] IoT AI・機械学習 スポーツ

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回開発したシステムは、スポーツ行動認識AIを活用しスマートフォンで撮影した競技者の映像から65カ所の骨格点を抽出して競技者の動きを捉え、フォームや身体の使い方を認識し、分析することを可能にする。また、アクロディアが開発したセンサー内蔵型ボールを使い、ボールの速度や回転数、回転軸などのデータと競技者の動きを組み合わせ、競技者の動きがボールに与える影響などを分析。これによって、フォームの改善点などをアドバイスすることも可能となる。

 また、システムの開発にともない、アクロディアは「TECHNICAL PITCH」に続くアスリーテック対応デバイスとして、センサー内蔵型サッカーボールを開発した。

 アクロディアとKDDIは、2019年7月9日より、センサー内蔵型ボールなどのIoTデバイスから取得したデータを活用し、選手の技術向上に役立てることができる、スポーツIoTプラットフォーム「athleːtech(アスリーテック)™」の提供およびアスリーテック上に蓄積されるデータを活用したスポーツテックサービスを開始している。