オプティムとエンルート、AI・IoT・ドローンを活用した スマート農業分野での協業を発表

 オプティムとエンルートは、AI・IoT・ドローンを活用したスマート農業を推進するための協業を発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI・機械学習 ドローン

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AI・IoT・ビッグデータプラットフォームのオプティムと、国産ドローンを生産するエンルートは、AI・IoT・ドローンを活用したスマート農業を推進するための協業を発表した。ドローンの農業利用がより効率よく、より多面的なものとなるスマート農業の実現に向けて活動していくという。

協業検討内容

  1. ピンポイント農薬散布を実現する圃場(ほじょう)管理サービス「Agri Field Manager(アグリ フィールド マネージャー)」と、農業用大型ドローンを連携させ、自動飛行散布ドローンの開発を目指す。
  2. オプティムのAI解析技術やスマート農業ソリューションと、エンルートのロボティクス技術を連携させ、スマート農業を実現するサービス提供を目指す。
  3. オプティムとエンルートは2020年3月を目標に、新サービスを販売開始する検討を行う。