Biz/Zineニュース

大林組と×Laboro.AI、AIによる建設物の揺れ制御を実現

 Laboro.AIは、大林組との建物揺れ制御に関する研究開発において、機械学習の手法の一つである強化学習を用いたカスタムAIを開発・提供し、従来の制御システムよりも高い効果で揺れを制御することに成功した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回のプロジェクトは、建設物の揺れを制御するために建物内部に設置される重り(マスダンパー)の動きをAIで制御することにより、従来よりも揺れにくい環境の実現を目指したもの。制振技術による振動制御は大きく受動的な制御法であるパッシブ制振(TMD:Tuned Mass Damper)と、能動的な制御法のアクティブ制振(AMD:Active Mass Damper)に分けられる。このプロジェクトは、アクティブ制振にAIを活用したものだという。

 今回の成果は、建設物の揺れの制御に留まらず、振動を生じるあらゆる機械設備でも同様にAIによる学習効果が期待でき、以下の領域での技術転用の可能性が高い成果だという。

  • 自動車、鉄道などの公共交通機関
  • 半導体製造など、振動にシビアな製品の製造機器
  • 空気抵抗による振動への対策が必要な航空宇宙技術

 また、AIが自ら最適な動きを学習することに成功した今回のプロジェクト成果を踏まえると、次のようなリアルタイム制御を必要とする機械設備をはじめとした、あらゆる領域への展開も見込めるとしている。

  • 建設用クレーンの操作制御
  • 工場プラントでの化学合成工程における火力制御
  • 空調設備の自動制御
  • 製造系ロボットの制御