Biz/Zineニュース

サイボウズ、ビジネスパーソン1000人に聞く「職場のチーム」に関する調査結果を発表

 企業や組織へチームワークや働き方改革のメソッドを提供するサイボウズ チームワーク総研は、3月終盤の連休時に、職場のチームに関する調査を実施。新型コロナウィルスが職場に及ぼしている影響についての回答結果を発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月~3月にかけての新型コロナウィルス流行が、チームの働き方に影響を及ぼしているか否かを聞いた質問では、「良い変化」があったという回答が19%、「悪い変化があった」という回答が25%、56%が「特に変化なし」と回答した。

 「良い変化があった」の内訳では、「時差通勤」「テレワーク」といった、働く時間帯や場所の変更が上位となった。次いで「会議のムダに気づいた」「コミュニケーション方法にいろいろあることを知った」等、新たな気づきを得たという回答が見られた。

 職位別には、部長課長クラスの「テレワーク」が目立った。

 「悪い変化があった」と答えた人の理由には、「勤務やミーティングの調整が大変」「チームでうまく集まれない」「休んだ人のカバーが大変」等があがった。

 職位別に見ると「チームでうまく集まれない」とする部長課長クラスの回答が目立つ。この層では「テレワーク」についても他層に比べより悪い変化とみる傾向もあり、「勤務やミーティングの調整が大変」「チーム内のコミュニケーションが取りにくい」等、結果としての弊害を感じている。