Biz/Zineニュース

リンクトイン、ジェンダーギャップ調査を含む「仕事に対する意識調査2021年版」を発表

 LinkedIn(以下、リンクトイン)は、アジア太平洋地域の7か国を対象とした意識調査「仕事に対する意識調査 2021年版」(英語版:Opportunity Index)の結果を発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ダイバーシティ 企業戦略 ジェンダーギャップ Opportunity Index

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本は調査した国の中で、労働市場における個人の可能性への期待など、2つの指標で3年連続最下位となった。また本年は、国際女性デーを意識し、ジェンダーギャップに関する調査も行われた。

今後1年の仕事への期待値、世界比較で最下位

 調査のコアとなる期待値調査では、「100」を基準得点として仕事に関する期待を数値化。得点が高いほど、その市場に暮らす人々の評価が高いことを表している。調査対象となった国・地域の中で、日本は「ビジネスチャンスへのアクセスに関する評価」「障壁を乗り越える困難さ」の項目で最下位となり、全体の平均値でも最下位となった。

経済見通しには特に悲観的、昨年に続き「運」頼み

 今回の調査では、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い人々が懸念していることについても質問。すると、アジア太平洋地域全体の20%の人が「健康問題」を挙げた。日本でも同傾向が出ていた一方、次点に挙がったのは「景気後退」であった。また、消費者心理の面でも、日本は他国と比較すると特に悲観的な結果になっており、今後6か月で経済状況が悪化すると思っている人の平均値は、日本全体では57%になっている。一方、この数値はアジア全体では27%という結果になった。この結果は、性別や立場にかかわらず目立った結果となっている。

 また、本調査では「人生で成功するために何が重要か?」という質問に対して、日本では「運」が「重要である」と答えた人の割合が多くなった(2位、58%)。世界レベルでは、「運」は9位であったが、日本では他国よりランクが高くなっている。悲観的な経済見通しを持つ人が多い中で、運に頼る人も多いことが特徴的。男女間でデータを比較すると、「機会への平等なアクセス」「仕事に対して意欲的であること」の2項目で、女性の方が約10%重要視する人の割合が高くなっている。

ジェンダーギャップ図:経済状況が今後6か月で悪化すると考えている人の%

ジェンダーギャップ表:人生で成功するために重要な要素のランキング

性別による昇進のチャンスと賃金の違い

 性別によって昇進のチャンスや賃金について差があるかどうかについても調査が行われた。日本女性の昇進機会の差について、「男性の方が女性より昇進のチャンスが多い」と考えている人がアジア太平洋地域全体では36%だったのに対し、日本では46%に達する結果に。賃金については、「男性の方が高賃金」とした回答に男女で差が出る結果に。アジア太平洋地域全体の平均では同様の回答は30%、日本全体では34%であったが、日本女性では40%となっている。

ジェンダーギャップ図:性別による昇進のチャンスと賃金の違い

職場での女性の地位の低さと、転職活動に対する男女の意識のギャップ

 今回の調査では、昨年11月にリンクトインが発表した「日本女性の仕事と生活に関する意識調査」と同様、今回も回答者の所属組織における上級管理職(5人以上を統括している職務)に女性がいる割合を聞いた。アジア太平洋諸国と比較し、日本は突出して「所属組織の上級管理職が10%未満」と答えた人が多い結果となった(56%、アジア太平洋地域全体では24%)。日本では、管理職に就いている女性は少ないものの、仕事に対し転職も含めて積極的に考えていることが推測できる結果が出ている。また、男女平等に対する重要性に関する認識についても、調査国の中で日本が一段と低くなっている。

ジェンダーギャップ図:自社の組織の上級管理職における女性の割合について(%)

調査概要

  • 調査名称:仕事に対する期待値調査 (Opportunity Index)2021年版
  • 調査会社:独立系市場調査会社GfK
  • 調査期間:2021年1月
  • 対象者:18~65才の約10,000人(うち日本は約1,200人)
  • 手法:オンライン調査
  • 調査対象国:オーストラリア、中国、インド、日本、マレーシア、フィリピン、シンガポール