Biz/Zineニュース

EVeM、ベンチャー企業のマネージャー向けコミュニティ「Emo」β版無料モニター募集開始

 ベンチャー企業のCxO・マネージャー向け育成トレーニングを提供するEVeMは、次の時代を創るベンチャーマネージャーに向けたオンライン完結型コミュニティサービス「Emo(エモ)」β版をリリースし、無料モニターの募集を開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] スタートアップ ベンチャー オンラインコミュニティ マネージャー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Emoのリリースに至った背景

  EVeMでは、2020年よりベンチャー企業を対象とした法人向けCxO・ミドルマネージャー育成プログラム(EVeM for Buisiness)、個人向け経営マネージャー育成プログラム(EVeM MANAGEMENT ACADEMIA)を実施してきた。

 上記、2つの事業を行う中で「志高いベンチャー企業の成長を担うマネージャーの皆様は社内でマネジメントを学ぶだけでなく社外からもそのノウハウをインプットし、また自身の悩みを社外のマネージャー達と分かち合いたい」というニーズが強くあることを実感したという。

 ベンチャー企業のマネージャーは、前例のない、答えのないプロジェクトに向き合い、激しい環境の変化に合わせて柔軟にチームを動かし、野心的で高い目標を掲げそれを成し遂げなければならない心身ともにタフな仕事。同じ立場のマネージャーになら、弱音もはけるし、SOSも出しやすいし、必要な学びも得やすい。

 ベンチャー企業で働くマネージャーの方々を見てマネージャーコミュニティの必要性を強く感じ、「次の時代を創るベンチャーマネージャーが集い、共に⾼め合う」ことを目的にするオンラインコミュニティを発足するに至った経緯を延べている。

なぜ、今マネージャーコミュニティが求められるのか

 新型コロナウイルスの影響でリモート環境での業務が増え、これまで社内でオフラインでのコミュニケーションから得ることができていたマネジメントノウハウを取得する機会が減っているのも事実なのではないか。反面、現在の社会環境の中、オンラインコミュニケーションツールが急速に普及にすることによって、社外交流におけるハードルは下がっている。

 このようなビジネスにおける大きな環境の変化をチャンスと捉え、今回β版としてリリースする「Emo」では、全ての機能をオンライン完結で提供する。オンラインコミュニティなので、首都圏以外や海外在住でも参加可能。

Emo概要

 コミュニティでは他のベンチャー企業のマネージャーと交流できるほか、必要なマネジメントノウハウやティップスがまとまったオリジナル動画が閲覧でき、さらにEVeM認定トレーナーや各分野の専門家メンターがEmo限定のウェビナー及びワークショップを提供。

Emo

Emoでできること

  1. ベンチャー企業のCxO・マネージャー職の方が集うSlackチャンネルの参加
  2. EVeMマネジメントメソッドを身に付けるためのプレミアム動画の閲覧
  3. EVeMマネジメントメソッドを身に付けるためのウェビナー及びワークショップ(隔週実施)の参加

Emo

Emo β版募集要項

応募要件

  • ベンチャー企業及び社内ベンチャープロジェクト等でマネジメント業務に従事していること
  • 熱量を持って主体的にコミュニティに参画する気概があること

受講料

  • β版は無料で提供(正式版は月額1万円/月 x 12カ月でのリリースを予定)

選考

  • 書類による選考

応募締切

  • 4/27(火)18:00

注意事項

  • β版での参加者は、インタビューや広報取材に会社名・実名掲載で協力すること
  • 5月〜7月に実施するオンラインワークショップ全ての回に、遅刻なく参加できること