Biz/Zineニュース

TDSLとDATAFLUCT、店舗の来客数予測を最適化する機械学習ソリューションを発表

 東芝デジタルソリューションズ(以下、TDSL)とDATAFLUCTは、店舗単位の来客数予測を最適化する機械学習ソリューションを発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI・機械学習

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 このソリューションは、TDSLが持つリアルタイム分析可能なクラウドデータ基盤「GridDB Cloud」と、DATAFLUCTが持つ専門家なしで高度な機械学習を実現する「DATAFLUCT cloud terminal.」を連携させることで実現している。このソリューションにより、従来は専門家や複雑なデータ基盤なしでは実現が難しかった店舗ごとの来客数予測を、簡単に短時間で行うことが可能となる。

 両社は、2020年5月に東芝が新規事業の創出を目指して開催した「Toshiba OPEN INNOVATION PROGRAM 2020」に参加し、連携を開始。その成果がこのソリューションで、今後はDATAFLUCTが販売していくという。