SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

富士通と武田薬品、卵巣がん患者のペイシェントジャーニーの分析・可視化に向けた共同研究を開始

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 富士通と武田薬品工業(以下、武田薬品)は、国立がん研究センターと卵巣がん患者がたどる「疾患の認識、診断、治療、その後の生活に至る道のり」であるペイシェントジャーニーの分析・可視化に関する共同研究契約を締結した。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 この研究は、卵巣がんの個別化治療の質向上、および治療結果向上に寄与する臨床の課題抽出を目的として開始したもの。研究では、国立がん研究センター東病院が保有する電子カルテシステムから抽出した日々の診療や個人の健康管理などから得られるデータ(リアルワールドデータ)を用い、従来の臨床試験や診療報酬明細書(レセプト)データ活用といった手法では取得困難であった、卵巣がん患者のペイシェントジャーニーに関する情報を分析・可視化する。この研究は、国立がん研究センター東病院及び先端医療開発センターにおいて2022年4月30日まで実施される。

 対象となるデータは、2013年5月から2020年10月までに国立がん研究センター東病院の電子カルテシステム上に蓄積された卵巣がん患者約700名の診療データ(テキストデータとして記録された情報を含む)や医事会計システム内の診療報酬データであり、本リアルワールドデータを匿名化し、ICTによって分析・可視化することで、卵巣がん患者を取り巻く実臨床上の課題を抽出する。

 この研究において、富士通は、現在開発中の医療データを安全・安心に利活用するためのプラットフォームをはじめとする ICTを用いた診療データの分析支援を、武田薬品は、ペイシェントジャーニーの分析対象データの選定および分析計画の立案を担う。なお、国立がん研究センターからはペイシェントジャーニーの分析に必要となる匿名化された診療データおよび医学的知見が提供される。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング