SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート (PR)

「攻めのDX」実現に欠かせないインサイトをもたらす自然言語処理──ストックマーク林氏が語るAI活用

Biz/Zine Day Summer レポート vol.03

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

環境変化×市場の複雑化×情報過多が調査を困難にする

 なぜ情報収集が難しいのだろうか。その背景には、環境変化、市場の複雑化、情報過多の3つがある。

 これまで情報手段では、

  • 新聞・業界紙検索
  • 文献/業績レポート
  • 展示会・交流会
  • 対面インタビュー
  • Webニュース検索
  • SNS(VoC)検索
  • アンケート調査
  • 現場調査

などがあった。

 しかし、コロナ禍によって展示会・交流会、対面インタビュー、現場調査が難しくなってきている。また、かつてはシンプルに業界紙を読んで業界の情報を見ていれば良かったのに対して、現在は業界の定義も曖昧になり、様々な業界からディスラプターとしてプレーヤーが参入してくる時代である。今までよりも広い範囲に目配りをすることが必要だ。さらにWebニュースは毎年数億記事と、人間が処理できる量の限界を超えた膨大な数になっている。加えて単純な検索だとSEO対策をしている広告記事ばかり目につくような状況もある。

 つまり、環境変化×市場の複雑化×情報過多で調査が困難になっているのだ。

 より良い情報を効率的に得るために現在注目を集めているのが、自然言語処理のAI技術である。これまで10年近く、AIの技術は、数字のデータ予測と、工場での不良品検知や属性判断などに使われる画像認識の技術がメインだった。これらは情報収集には使いやすい技術ではないが、この2~3年で大きなブレークスルーが起き、自然言語処理のためのAIの技術革新が進んでいるのだという。自然言語とは人間が生活のなかで普通に使っている、日本語や外国語などのような言語を指す。自然言語処理AIの技術進歩はめざましく、2019年大学入試センター試験の英語筆記科目に挑戦した結果、人間の高校生の平均123点を大幅に上回る185点を取れるような、人間を超える言語理解能力を持ったAIが誕生しているのだ。

 これは企業の情報収集に大きな可能性を提供する。なぜなら、ビジネス上で使われるほとんどのデータ、たとえばニュースサイトの記事、特許、論文などの研究データ、社内の提案資料や議事録、競合他社のプレスリリースなどは、すべてテキストデータであり、自然言語処理の技術をビジネスに使えば、人間の言語理解を超えたAIが秘書のように情報を出し、インサイトをもたらすことができるからである。

ストックマーク株式会社 代表取締役CEO 林達氏ストックマーク株式会社 代表取締役CEO 林達氏

次のページ
チームの情報処理能力を高める「Anews」が攻めのDX実現の第一歩となる

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング