SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

NTTデータ、RPA導入の負担を軽減するパッケージを富士フイルムビジネスイノベーションと共同開発

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 NTTデータは、富士フイルムビジネスイノベーションと共同開発した「DocuWorks自動化パッケージ(WinActor)」を、富士フイルムビジネスイノベーションを通じて提供開始した。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 「DocuWorks自動化パッケージ(WinActor)」は、WinActorを富士フイルムビジネスイノベーションが提供する「Docuworks」および「Working Folder」とパッケージ化したもの。また、RPAでの自動化に適する帳票管理業務などの5つの定型業務において、顧客が導入済みの各種システム(クラウド型データベースアプリ「kintone」等)と連携可能なWinActorシナリオと、セットアップ支援を、富士フイルムビジネスイノベーションが提供する。

 シナリオは、富士フイルムビジネスイノベーションの長年培った文書管理ノウハウをもとに、多くのユーザーで発生する定型業務を選定したもの。設定情報の管理は表計算ソフトのパラメーターシートにより行うため、初期導入時および業務内容の変更等が発生した際も、シナリオ自体の改修は不要だという。

 この製品では、WinActorのシナリオ開発用ライセンスが不要であり、加えて月額制で提供することから、これまで開発リソースや予算の不足によりRPA導入に踏み切れなかった企業も、短期的かつ費用を抑え自動化することが可能となる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング