Biz/Zineニュース

ベイン・アンド・カンパニー、新たな企業の変革力測定ツールを導入

 ベイン・アンド・カンパニーは、「チェンジ・パワー・インデックス」を導入した。ビジネスの変革力と業績を関連づけ、戦略的に重点領域を強化することで、企業の変革と成長を促進するためのツールだという。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 新規事業開発 イノベーション 事業変革 企業変革

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 このツールは、主に9つの特性と能力に着目して、企業の変革力を測定する。企業は、自社の組織をこの指標と照らし合わせ、変化のキャパシティを判定。ベンチマークとなる他社と比較することにより、市場における自社の競争力を把握することができる。

9つの特性と能力

  • 目的:所属意識を生み出し、判断の指針となり、行動を促す目的がある
  • 方向性:目的を計画に移し、目標とそこに到達する明確な方法がある
  • つながり:インフルエンサーや支持者のネットワークを生み出すことができる
  • キャパシティ:変化の上限を定義し、多くの変化を受け入れられるようにしている
  • 段取り:よりダイナミックな動きを促し、変化の優先事項を見極め、施策の順序を決めている
  • 規模拡大:好循環を生み出し、イノベーションを広げ、インパクトを増強させる
  • 発展:成長のための準備を整え、確実な学びと変化を実現している
  • 行動:やればできるという精神と変化を優先する傾向を育み、組織の勢いを加速させている
  • 柔軟性:常に変化を先取りし、どのように仕事をするか、さらには仕事とは何かを再検討する