SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

川崎重工、韓国の韓一現代セメント向け排熱発電設備を受注

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 川崎重工は、韓一現代セメントの寧越(Yeongwol)工場向けに、セメント排熱発電設備を受注した。本設備は、日産5,800トンのセメント製造設備2系列に設置され、出力は約22.6MWで、2022年11月の引き渡しを予定している。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 今回受注した設備は、セメント排熱回収ボイラ、復水式蒸気タービン、発電機などで構成され、セメント製造の焼成工程において発生する排ガスの熱を回収して、高効率な発電をおこなうという。

 川崎重工は、設備全体のエンジニアリング、セメント排熱回収ボイラや復水式蒸気タービン、制御設備などの供給、そして韓一現代セメントが所掌する機器の基本設計および工事・試運転の技術指導を担当するとしている。

 設備の設置により、これまで利用されることなく大気中に放出されていた排ガスを有効活用して発電し、セメント工場全体の電力消費量の約30%を賄うという。また、化石燃料由来の電力使用量削減により、年間約10万トンのCO2排出削減を実現するとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング