Biz/Zineニュース

レノボ・ジャパンとカシオ計算機、教育市場にて協業 クラウド型学習サービス提供へ

 レノボ・ジャパンとカシオ計算機は、教育機関向けコンテンツの提供において協業を開始する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 教育IT クラウド DX

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回の協業により、両社は新サービス「ClassPad.net for Lenovo」を発表。本製品は、カシオ計算機が提供する総合学習プラットフォーム「ClassPad.net」の機能を限定し、価格帯を下げて提供するものだという。

 主な機能としては、オンライン辞書機能(英和辞典・和英辞典・国語辞典)、デジタルノート機能、数学ツールが備わっており、学校法人向けにライセンスの提供を開始するとしている。

 また、レノボでは2021年秋以降に販売するコンシューマーPCに、「Classpad.net」の期間限定ライセンスバンドルを計画しているという。

「ClassPad.net」の主な特長

 パソコンやタブレットでの利用に適したオンライン学習プラットフォーム。学校現場で使用頻度の高いコンテンツを多数収録し、オンライン辞書機能では電子辞書「EX-word」にて好評の辞書コンテンツを効率的に活用できるとしている。また、デジタルノート機能も搭載し、オンライン辞書機能と連携したコンテンツの項目引用も可能。ノートに書き込んだ内容を先生・生徒間で共有できるなどといった学習環境をを実現するとしている。