SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

ソニーにおけるデザイン活用

ソニーが「Ginza Sony Park」のグランドデザインで重視した“2つのポイント”

第1回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

部分をではなく全体をデザインする

 また「部分をデザインするのではなく、全体をデザインする」という視点からは、リニューアル=建て替えプロジェクトの全体像を描く必要がありました。ソニービルを尊重しながら新しいビルへ建て替えることで、来場者をはじめ、街や世の中の役に立つこと、おもしろがってもらうこと――その全行程を視野に入れたプランを練っていったのです。

 かつてソニーの事業領域はエレクトロニクスが主体でしたが、今は音楽、映画、ゲーム、半導体、金融など、多分野へ広がっています。一方、世の中の動きを見ると、ブランドコミュニケーションが企業からお客様への一方通行ではなく、双方向の時代へと変わってきました。商品やサービスを買ってもらうためのブランドコミュニケーションというより、共感してファンになってもらう、愛してもらうコミュニケーションを行っていくことが肝要となっているのです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
ソニーにおけるデザイン活用連載記事一覧
この記事の著者

ソニーグループ クリエイティブセンター(ソニーグループ クリエイティブセンター)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング